POST Archive

  • 神奈川県小田原市桑原にある浄蓮寺は、浄土宗の第五祖定慧上人により開山された名刹です。この定慧上人は、浄土宗の僧侶、ならびに五重相伝を受けた檀信徒などがいただく「誉号」を最初につけた方で、当寺はいわば「誉号発祥の地」といえ […] 0

    「相傳山 勝願院 浄蓮寺」

    神奈川県小田原市桑原にある浄蓮寺は、浄土宗の第五祖定慧上人により開山された名刹です。この定慧上人は、浄土宗の僧侶、ならびに五重相伝を受けた檀信徒などがいただく「誉号」を最初につけた方で、当寺はいわば「誉号発祥の地」といえ […]

    ページの続きを見る

  • 平成24年2月20日(月)、大本山・光明寺に於いて「第7回精進道場・法式」~発声法並びに基本動作について~と題して、1級法式教師・小田原組無量寺・小島伸方先生をお招きし、ご講義と実践をご教授いただきました。 前半は、発声 […] 0

    「第7回精進道場」

    平成24年2月20日(月)、大本山・光明寺に於いて「第7回精進道場・法式」~発声法並びに基本動作について~と題して、1級法式教師・小田原組無量寺・小島伸方先生をお招きし、ご講義と実践をご教授いただきました。 前半は、発声 […]

    ページの続きを見る

  • 去る1月30日(月)~31日(火)、所属する鎌倉組浄土宗青年会の研修旅行に参加しました。総勢10名で三河・尾張の浄土宗寺院を参拝いたしました。 当日は天候に恵まれ、新横浜から新幹線、JR東海道線、第三セクター鉄道を乗り継 […] 0

    「鎌倉組浄土宗青年会 研修旅行」

    去る1月30日(月)~31日(火)、所属する鎌倉組浄土宗青年会の研修旅行に参加しました。総勢10名で三河・尾張の浄土宗寺院を参拝いたしました。 当日は天候に恵まれ、新横浜から新幹線、JR東海道線、第三セクター鉄道を乗り継 […]

    ページの続きを見る

  • 平成24年2月9日(木)~10日(金)、総本山知恩院にて、全国浄土宗青年会第37回総合研修会(旧・代表者研修会)が開催されました。全国から浄青会員約250名が参加登録し、神奈川からも8名が登録しました。 八百年大遠忌法要 […] 0

    「全浄第37回総合研修会」

    平成24年2月9日(木)~10日(金)、総本山知恩院にて、全国浄土宗青年会第37回総合研修会(旧・代表者研修会)が開催されました。全国から浄青会員約250名が参加登録し、神奈川からも8名が登録しました。 八百年大遠忌法要 […]

    ページの続きを見る

  •  早いもので、東日本大震災から1年を迎えようとしています。 多くの方々が被災され、多くの人が命の尊さや無常観に改めて気づかされた出来事でした。  法然上人が開宗された時代は多くの人々が天災事変や疫病の流行などに苦しみ、救 […] 0

    「お念仏とともに」

     早いもので、東日本大震災から1年を迎えようとしています。 多くの方々が被災され、多くの人が命の尊さや無常観に改めて気づかされた出来事でした。  法然上人が開宗された時代は多くの人々が天災事変や疫病の流行などに苦しみ、救 […]

    ページの続きを見る

  • 平成24年1月24日(火)、大本山・光明寺に於きまして、「神浄青 御忌別時念仏会」が行われました。当日は、昨晩までの雪は上がり晴れ上がったものの、肌を刺すような寒さの大殿での別時念仏会となりました。 大殿は、25日に大本 […] 0

    「神浄青 御忌別時念仏会」

    平成24年1月24日(火)、大本山・光明寺に於きまして、「神浄青 御忌別時念仏会」が行われました。当日は、昨晩までの雪は上がり晴れ上がったものの、肌を刺すような寒さの大殿での別時念仏会となりました。 大殿は、25日に大本 […]

    ページの続きを見る

  • 「見光山 眼性院 大念寺」(けんこうざん げんしょういん だいねんじ) 開基「佐藤出雲守信辰」が開山「本蓮社源譽哲道上人」を迎え明暦の初めの頃に五十坪のお堂を建立したのが当山の最初であると伝えられています。確かな事は不明 […] 0

    「見光山 眼性院 大念寺」

    「見光山 眼性院 大念寺」(けんこうざん げんしょういん だいねんじ) 開基「佐藤出雲守信辰」が開山「本蓮社源譽哲道上人」を迎え明暦の初めの頃に五十坪のお堂を建立したのが当山の最初であると伝えられています。確かな事は不明 […]

    ページの続きを見る

  • むかし、独りの老人が暮らしていました。 朝夕の野良仕事の行き来には、必ずお寺に立ち寄り、お念仏をとなえる毎日でした。 村の若者たちは、そんな老人を日頃から馬鹿にしていました。   ある日、「なあ、爺さんよ、お前はその齢に […] 0

    「先が見える」

    むかし、独りの老人が暮らしていました。 朝夕の野良仕事の行き来には、必ずお寺に立ち寄り、お念仏をとなえる毎日でした。 村の若者たちは、そんな老人を日頃から馬鹿にしていました。   ある日、「なあ、爺さんよ、お前はその齢に […]

    ページの続きを見る

  • 平成23年12月15日(木)、「平成23年度浄土宗神奈川教区青年会 臨時総会並びに忘年会」が行われました。臨時総会においては、3月に任期を終える第20期浄土宗神奈川教区青年会を引き継ぎ4月に発足する第21期浄土宗神奈川教 […] 0

    「平成23年度浄土宗神奈川教区青年会 臨時総会並びに忘年会」

    平成23年12月15日(木)、「平成23年度浄土宗神奈川教区青年会 臨時総会並びに忘年会」が行われました。臨時総会においては、3月に任期を終える第20期浄土宗神奈川教区青年会を引き継ぎ4月に発足する第21期浄土宗神奈川教 […]

    ページの続きを見る

  •  廣養山・直到院・正福寺、開基は小田原北条氏に仕えた加藤傳太郎廣信(永禄2年(1559)7月朔日没)、開山・善譽白受上人、(天正18年(1590)9月28日卒)により天文元年(1532年)建立。 本堂は慶長3年(1598 […] 0

    「廣養山 直到院 正福寺」

     廣養山・直到院・正福寺、開基は小田原北条氏に仕えた加藤傳太郎廣信(永禄2年(1559)7月朔日没)、開山・善譽白受上人、(天正18年(1590)9月28日卒)により天文元年(1532年)建立。 本堂は慶長3年(1598 […]

    ページの続きを見る