事業報告

「神浄青 御忌別時念仏会」

平成24年1月24日(火)、大本山・光明寺に於きまして、「神浄青 御忌別時念仏会」が行われました。当日は、昨晩までの雪は上がり晴れ上がったものの、肌を刺すような寒さの大殿での別時念仏会となりました。

p1242099.jpg

大殿は、25日に大本山・光明寺で行われる「御忌会」のため、法然上人の坐像が阿弥陀様の前に安置されており、普段の「御忌別時念仏会」より一段と厳かで、良い雰囲気の大殿でした。

p1242103.jpg

20名以上集まった神浄青会員とともに、神浄青第20期・當間会長導師、森本・山本副会長脇導師のもとに「別時念仏会」が始まりました。

p1242124.jpg

そして、大殿の明かりを落として、蝋燭の灯りのもと神浄青8組が木魚と礼拝を交互に担当して、木魚を叩きながらお念仏をお称えし、礼拝をしながらお念仏をお称えいたしました。外よりも寒いのではなかろうかという辛い寒さの大殿の中でのお勤めでしたが、響き渡る南無阿弥陀仏の声で、とても澄みきった気持ちになりました。

p1242143.jpg

残すところ、第20期も2ヶ月あまりとなりましたが、残された事業を無事に終わらせることは当然として、次期、そしてさらに後の期にも繋がりができるようにしていきたいと思いました。

神浄青事務局 石川仁恵