仏教語

来迎(らいこう)

来迎とは、一般的には「らいごう」と読むが、浄土宗では「らいこう」と発音する。

これは浄土へ往生しようと願う人の臨終のもとへ、阿弥陀様が25の菩薩を従えてお迎えに来ることだ。このことは、「無量寿経」の第十九番目(弥陀の四十八願)の「もしわれ仏となるを得るとき、十方の衆生が菩提心をおこし、もろもろの功徳を修し、至心に願をおこして、わが国に生まれんと欲せば、その人の命終のときに多くの菩薩に囲まれて現れ、浄土に迎えるであろう。もしこれが出来なければ、仏にはなりません」とある。