事業報告

「三大本山・関ブロ別時念仏会」

去る10月31日(月)、甲斐善光寺(山梨県)にて「三大本山・関ブロ別時念仏会」が開催され、神奈川浄青からは16名が参加しました。

門前町からの長くまっすぐな参道の先に、山門が見えてきました。

betuji-043.jpg

明和五年(1767年) 完成の山門です。重要文化財に指定されています。 近くで見るとより迫力があります。

betuji-045.jpg

金堂(本堂)です。寛政八年(1796年)完成、こちらも重要文化財です。高さが約28メートル、圧倒される高さです。周りに高い建物がないため、遠くからでも大変目立ち、存在感があります。

betuji-044.jpg

境内に整列し、各教区浄青の「のぼり」を掲げながら行道して金堂に入ります。外は陽がぎらぎらと照りつけ、汗ばむほどの陽気となりました。

2011103113280000.jpg

お念仏と礼拝を交互におつとめしました。 法要中は善光寺様のご厚意により、本来七年に一度のご開帳の時しか拝めない、ご本尊・阿弥陀如来三尊像を特別にご開帳していただきました。 

 20111031141500011.jpg

平野関ブロ理事長以下役員は内陣で式衆としておつとめしました。

2011103114270000.jpg

関ブロ浄青別時念仏会の会処は、増上寺(東京)、光明寺(神奈川)、善光寺(長野)が主となっていますが、時おり場所をかえて開催されます。最近では熊谷寺(埼玉県)、館林善導寺(群馬県)で行われました。関東ブロック内の由緒あるお寺におまいりし、お念仏をお称えするよい機会となります。今後もご参加何とぞよろしくお願いいたします。

2011103114460000.jpg

神浄青第20期会長 當間伸行