仏教語

浄土(じょうど)

浄土とは、「清浄国土」を2字に略した言葉。地獄、餓鬼、畜生の三悪道がなく六道を越えた清くけがれのない国土で、仏様や菩薩様が住する所。「来世浄土」、「浄仏国土」、「常寂光土」の3つの浄土説がある。浄土宗では来世浄土を説き、この身のままに阿弥陀様の慈悲の力であるお念仏をとなえることによって、輪廻の世界を超えた浄土へ生まれつき菩薩となり成仏への業を極めて楽にはげめる国土。ゆえに阿弥陀様の浄土を「極楽浄土」という。