寺院紹介

「渋沢山 龍泉院 心行寺」

当山は横浜市都筑区の港北ニュータウンにあり、緑豊かな都筑中央公園からせせらぎの小路を通って歩いて来ることができます。境内には桜、芍薬、椿、もみじなどの樹木が四季を楽しませてくれます。特に、もみじは地元メディアでも紹介されるなど、秋になりますと大勢の参拝者で賑わいます。

 当山の創建年代は定かではありませんが開山上人の没年などから慶長から文禄年間と推定され、およそ400年の歴史があるとされます。開山は相誉上人です。

 ご本尊は阿弥陀如来坐像(丈三尺一寸)で元禄年間の作です。観音勢至両脇侍も同一年代の作と言われています。他、諸尊像といたしまして法然善導両大師像、なで仏として有名な賓頭盧尊者像、丈二尺七寸五分の大閻魔像、十一面観音像などがあります。特に、十一面観音像は平安時代の仏師定朝の作と言われ、秘仏となっていますが毎年正月にご開帳しております。

200811191053034.JPG

20081119105228.JPG

現在の本堂は昭和53年に、庫裏は平成5年にいずれも当山第三十世楽誉卓全上人によって再建されたものです。卓全上人は当山の中興の祖として堂塔伽藍の整備に尽力され、檀信徒教化に寄与されました。

 宗祖法然上人八百年大遠忌にあたる本年、法然上人のみ教えを伝え広めていく為、僧俗一体となって諸事業に取り組んでおります。

港北組 安田雄心