寺院紹介

「不捨山 新善光寺」

200712231346000.jpg

不捨山新善光寺は現在三浦郡葉山町にある。元々は鎌倉市名越に創建された。由来は鎌倉将軍頼朝が善光寺の勝縁にあやかって本尊を招聘したことに始まる。しかしその後頼朝は相模川で落馬、逝去。尼将軍北条政子により開基されたと伝えられる。本尊は善光寺形式の一光三尊が厨子に納まり、同じく三尊の前立が安置される。歴史書「吾妻鏡」によると新善光寺本尊は時の住職が気に入らないと観音像が横を向くとある。平成二十年現在は正面を向いている。

三浦組新善光寺 清水道善