事業報告

「第1回精進道場」

平成22年6月21日、大本山・光明寺に於きまして今期の目玉の事業のひとつである「精進道場」が行われました。午前中は雨が降る不安定な天気でしたが、講義が始まる頃にはとても良い天気になって精進日和となりました。

p6212751.jpg

 第一回目は、「浄土宗教師の責務①-お念仏のうけとり-」と題して、当会OBの神奈川教区光雲寺住職慶野匡文先生をお迎えし、ご講義を頂戴しました。

p6212752.jpg

 神浄青當間会長の挨拶により、研修が開始されます。

p6212753.jpg

 50名弱の多くの神浄青会員の参加の下、仏教の基礎から法然上人が開かれた浄土宗の根本について、分かりやすく、熱のこもった丁寧な講義をして頂きました。

p6212755.jpg

神浄青会員だけではなく一浄土宗教師として、正しく法然上人のみ教えを受け継いでいかなければならないと思いました。今、まさにお念仏の重要性が発揮できると改めて感じさせられる講義を頂き、自分自身の精進を断ってはならないと感じる「第1回精進道場」でした。

 神浄青事務局 石川仁恵