会長日記

傘焼き法要

5月28日(金)、小田原組城前寺様にて奉修された「傘焼き法要」に参列させていただきました。小田原組のほぼ全寺院と、関係の寺院から多くの方が随喜されていました。

参道には屋台も出て、多くの方々が参拝に訪れていました。 

「傘焼き」とは、仇討ちで有名な曾我十郎・五郎兄弟が、傘を燃やして明かりがわりにしたという故事に基づき、 全国から奉納された古傘に兄弟に扮した幼児が火をつけて燃やし、兄弟の霊を慰める法要です。

昼・夜と二度行われます。兄弟を題材にした「曾我物語」は歌舞伎の有名な演目なので、毎年歌舞伎役者の方が法要に参列されるそうです。

また、兄弟の父は相撲の名手だったそうで、そのため大相撲の力士も参列し、奉納相撲や子供相撲も営まれます。この日は高見盛関が参列していました。

本堂での法要の後、下曽我駅まで行列を組んで練り歩きました。

昼の部から夜の部までの間は、小田原組の皆さんと 食事や談笑をともにさせていただきました。

夜になり、雰囲気が昼とはちがった雰囲気になってきました。

 kasayaki0122.jpg

炎が勇壮に燃え上がります。

傘には油がしみこませてあるそうです。

kasayaki0212.jpg

前から参列させていただきたいと思っていた法要で、今回参列がかなって大変うれしく思います。また参列させていただきたいと思います。

神浄青会長 當間伸行

(小田原市のHPを参考にさせていただきました。)