今月の言葉(掲示伝導)

「すべての物は他のすべての物と関係している」

 これは、米国の分子生物学者(バリー・コモナー)(1917~)が、エコロジーが到達した究極の真理として表明した言葉だそうです。 

現代科学の智慧とも言えるこの言葉は、仏教用語ににおきかえれば「縁起」、「無我」と表現できるでしょうか。 普段、我々は自身を含めた全てが実体であるかの如く思い、実体であって欲しいと無意識に願ってはいないでしょうか。勿論、様々なお考えの方がいらっしゃると思いますが、しかし、日常の多様な経験のなかで、存在として自分一人が、ここにあるとも思えません。周囲と影響し合い乍ら生きていると感じるからです。成長し、段々にと適応的な自我を確立していくことは、無意識に誰もが直面する、仏教との係わりではないでしょうか。これは大昔も、今も、かわらぬ場面と感じます。

三浦組 光徳寺 清水光司

参考文献:「唯識と論理療法」・岡野守也著 佼成出版社  「すごい言葉」・晴山陽一著 文春新書