今月の言葉(掲示伝導)

「倶会一処」

新年度となりました。進学、就職、転勤と環境が変わり、多くの新しい出会いがあったことと思います。しかし、物事はひとつの見方だけではありません。出会いがあれば別れもあります。卒業や転勤など、多くの別れもあったことでしょう。もう会えないかもしれない、との思いで別れた方、そして、大切な方を亡くされた悲しい別れを体験された方もいらっしゃると思います。

しかし、浄土宗の教えでは、南無阿弥陀仏とお念仏を称えれば、亡き方々といつか必ず再会できるのです。今を生きているどうしもです。

阿弥陀如来様は、お念仏を称える人がこの世での最期を迎えるときには、必ず自ら迎えに行き、極楽浄土へもれなくすくい取る、という誓いを、仏となられるときに立てられました。これを「本願」といいます。この本願によってすくいとられた我々は、亡き方々と極楽浄土で再会することができるのです。このことは、『仏説阿弥陀経』に「倶会一処(くえいっしょ)」と説かれています。

この世での別れは確かに悲しいことですが、別れた方々との再会を楽しみにし、また新しい出会いを大切にして、お念仏とともに日々をすごしましょう。

副会長 當間伸行