事業報告

平成26年度浄土宗神奈川教区青年会定期総会

※記事が前後しますが…。

去る4月17日(木)大本山光明寺において、平成26年度浄土宗神奈川教区青年会定期総会が開催されました。

まずは伊藤知道会長をお導師として大殿にて御回願が勤められました。

その後、書院にて総会が行われました。

まず伊藤会長のごあいさつがあり、今期の運営テーマ「深諦善念」が示されました。

続いて、前期会長の大谷上人より、前期および40周年事業の総括、また今期神浄青への激励をいただきました。
また横井教区長からもお言葉を頂戴し、神浄青への期待が寄せられました。

総会は滞りなく進行し、議案にあがりました平成25年度事業報告・決算報告(監査含)、平成26年度事業計画(案)・予算(案)が無事承認され、本格的なスタートを切りました。

引き続き、神浄青卒業式・入会式が行われ、卒業会員・新入会員へ伊藤会長より記念品が贈呈されました。

神浄青は今回14名の卒業会員を送り出し、3名の新入会員を迎え、計103名の会員でもってさまざまな事業を行ってまいります。
神奈川教区の諸大徳をはじめ、他教区の浄青会員のみなさまにおかれましては、何卒よろしくお願いいたします。