仏教語

三宝(さんぼう)

三宝とは、「仏」(仏さま)、「法」(仏様の教え)、「僧」(教団、和合衆)を3つの宝にたとえたものである。文字通り仏教を信仰するものにおいては最も大切な事柄で、現代ではこの言葉を「明るく」「正しく」「仲良く」と称し、団体生活の中での秩序を保つためのきまりとしてよく目にする。