仏教語

戒律(かいりつ)

仏教教団の修行の規範をあらわす用語。厳密には「戒」と「律」の合成語である。「戒」とは五戒・八斎戒・十戒など、規律を守ろうとする自律的な心の働きを意味し、「律」とは修行者の集団内における守るべき規則をいう。したがって「戒」に対して「律」は他律的な規則であるが、修行者がそれを自律的な戒の精神で守るところに「戒律」の意味がある。