仏教語

菩薩(ぼさつ)

菩薩とは、サンスクリット語の「ボーディサットウ゛ァ」、パーリ語の「ボーディサッタ」の漢訳で「菩提薩埵」にあたる。菩提とは「さとり」、薩埵とは「衆生」をあらわす。大乗仏教では、悟りを求める心(菩提心)を起こして、自らの修行の完成(自利)と一切衆生の救済(利他)のための菩薩行を行い最終的に成仏を目指す者を菩薩といい、特に浄土の信仰では、この世での命終の後に阿弥陀仏の国に生まれ菩薩となり、仏への修行に邁進することを説いている。