事業報告

第21期・第22期神浄青新旧役員歓送迎会

去る、平成26年5月21日(水)横浜中華街「華正楼」にて新旧役員歓送迎会が開催され、

第21期大谷会長期から、第22期伊藤会長期へと役員の引き継ぎが行われました。

小俣副会長の開会宣言に始まり。

第22期伊藤会長による就任挨拶。

第21期大谷会長の退任挨拶。

2年間の任期、創立40周年の大事業を務め終えられた大谷会長へ、伊藤会長より、感謝の意を込め花束が贈呈されました。

浄土宗神奈川教区教区長 横井上人をはじめ

大本山光明寺執事長・初代神浄青会長 平野上人

浄土宗宗会議員・神浄青4代会長 里見上人

神浄青6代会長 戸松上人

浄土宗社会国際局長・神浄青第13代会長 宮林上人

神浄青第14代会長 夏見上人

神浄青第15代会長 渡部上人

神浄青第18代会長 當間上人

多くの歴代会長の方々にご臨席を頂き、ご祝辞激励のお言葉を頂戴致しました。

そして、退任をされる第21期諸役・各組常任理事・理事の紹介。

2年間本当にお疲れ様でございました。

続いて、今期の諸役・各組常任理事・理事の紹介が行われました。

長いようで短い2年間ですが宜しくお願い致します。

また、昨年好評を博した「寺集 (てらつど)」を今期も開催することとなり、

その実行委員長に大谷監事が任命されたことが発表されました。

松江副会長の閉会の宣言

新旧役員、来賓の歴代会長、諸先輩の方々を交え、終始なごやかに盛会裏に終了致しました。

新体制になり動き始めた第22期神浄青。

今期テーマ「深諦善念」 自分の現状をしっかり把握し、自分の持てる力(知恵)を

出し尽くして、浄土宗の青年僧として何が出来るかを考え行動する青年僧として

力・精進して参りたいと思います。