事業報告

第40回関東ブロック浄土宗青年会総会並びに研修会のご報告

平成25年6月17日、ローズホテル横浜に於きまして第40回関東ブロック浄土宗青年会総会並びに研修会が開催されました。
全国各地より、約260名のご参加をいただきまして、盛会のうちに無事閉会致しました.

講義1 川中教正先生には、去年の暮に當麻寺奥之院にお邪魔させていただき、こういった講演をされたことが無いとの事でしたが、
快く引き受けて下さいました。今回のテーマである観経を解り易く説く手段の一つとして、
當麻曼陀羅は最高のツールだと思います。しかし、以外にもその存在を知る会員が少なかったので、今回是非ともご覧いただきたかった講義でした。川中先生には前日よりお越しいただき、ご協力いただきました。

講義2 慶野匡文先生には、三年前の当委員会発足以来、三つの講演のバランス等につきましてもアドバイスを頂きました。全国を講演、布教で飛びまわるお忙しい中、本当に長い事付き纏ってスミマセンでした。

講義3 長沼毅先生も、やはり各メディア出演や講演、長期に亘る海洋実習でお忙しい方ですので10回程度のメールや電話のやり取りだけで、当日迄お会いすることはありませんでした。打ち合わせは入念にしておりましたが、当日16時10分開始の予定で、15時45分入りには、さすがに生きた心地がしませんでした。しかし、講義が始まれば、長沼ワールドに引込まれ、男の子なら一度は憧れる宇宙の話や、なかなか行く事のできない辺境での貴重なお話に釘付けでした。先生がいつかノーベル賞を受賞することを信じています。

ベリーダンスの皆さんは、この日の為に三カ月間、週三回猛レッスンして特別な振り付けを覚えていただき、あの熱演になりました。
 

最後に神奈川教区をはじめ、大本山光明寺関係各位、神浄青OBの皆様、そして神浄青会員の皆様、長い間ご協力頂きまして有難うございました。お蔭様で関東ブロ浄青仲間のいい笑顔を見ることが出来ました。