事業報告

『第30回神奈川教区長杯争奪神浄青ソフトボール大会』

去る平成23年9月3日(月)、『第30回神奈川教区長杯争奪神浄青ソフトボール大会』が中郡組の担当のもと、平塚市民スポーツ広場で行われました。

今年は9月の残暑が厳しい中での大会になり、熱中症が心配になってしまうほどの好天に恵まれました。

大谷神浄青会長の開会宣言でいよいよ大会が始まりました。

北邨神奈川教区教化団長に、ご祝辞とソフトボール対する熱い思いをお話頂きました。そして、引き続き昨年度の優勝チームである高座組大谷会員の選手宣誓。

と、その前に全員で集合写真。さすがは神浄青のソフトボール大会というに相応しい、多くの会員が集まっての写真です。OBの皆様にも大勢ご参加くださいました。

ソフトボール大会は、かなりの猛暑の中でしたが、額に背中に汗を流しながら、各組の会員が一丸となって打って。。。

体調の悪さを我慢しながらも投げて。。。

今年度は高座組のソフトボール大会4連覇を目指した大会で、緊張感のある試合が多く見られました。その中でも普段会うことのできない会員の親睦を深め合うことが出来、和気あいあいとした雰囲気もあり、とても楽しむことが出来ました。

そして、暑い中での熱戦を制したのは、、、練習を重ね、打合せを重ね、作戦が上手く行った港南組が高座組にリベンジを果たして優勝いたしました。助っ人をして頂いた冨田上人、斉藤上人ありがとうございました。

年に一度のソフトボール大会で、年齢を気にすることなく現役会員とOB会員一緒に同じ目標を持ち一生懸命プレーして、汗をかきながらの懇親を深めることが出来ました。

が、、、去年に引き続き筋肉痛がとても酷いことになっております。