今週の言葉 (掲示伝導)

「月影(つきかげ)」

つきかげの いたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ

浄土宗の宗歌で、法然上人が阿弥陀様のみ光は、全ての世界と、全ての人の心を照らし、どんな人でも救いるという慈悲の心を歌われたものです。