未分類

『関東地区宗門子弟教養講座(第65回夏期僧堂)』

平成24年7月25日から27日にかけまして、「関東地区宗門子弟教養講座(第65回夏期僧堂)」が大本山光明寺で行われました。

本格的な夏の始まりを感じる中、神浄青会員が指導員のお手伝いとして、参加させていただきました。

一日目は、参加している僧堂生達の多くはまだまだ緊張している様子でしたが、正座で足が痛いのを我慢しながら、先生のお話を聞いておりました。

そして、この夏期僧堂で僧堂生が一番楽しみにしている材木座海岸の海での水泳指導です。風がなく波も少なかったためか波を期待していた僧堂生としてはちょっと不満気味でした。遊泳エリアが狭くなっている中でも、子供達はゴムボートに乗るなどして海を満喫しておりました。

神浄青の会員が先生になって、正しい合掌のやり方や念仏のお称の仕方を講習。みんな真剣に話を聴いておりました。

また、今年は鎌倉の花火と日程が重なったため、山門からの特等席で花火も見ることが出来て、神浄青会員も一緒に楽しむことが出来ました。

2泊3日を通して天気にも恵まれた「関東地区宗門子弟教養講座」ではありましたが、僧堂生の中に楽しい思い出と法然上人のみ教えが残ったことと思います。小さい時に、このようなお寺で寝泊りをして過ごすということは、大人になっても残る思い出でもあり、貴重な体験であると思います。