会長日記

「東日本大震災一周忌を迎えるにあたり」

来る3月11日(日)は皆さんご存じのことと思いますが、東日本大震災からまる一年、一周忌にあたります。年度末に向け資料を整理しておりまして、震災直後の資料を見て、当日の混乱、それからのさまざまな記憶がよみがえってきました。

一年経ちますが、今なお被災地の復興は進んでおらず、多くの方々が避難生活を余儀なくされています。しかし普段どおりの生活を続けていられる身としては、どうしても震災についてだんだん意識しなくなりがちです。 

一周忌を期に、あの時からのことを思い起こして、震災を記憶のかなたに追いやってしまわないようにしたいと思いますが、被災された方々のため、何も出来ない自分にもどかしさを感じています。

しかし、自分たちにでもすぐ出来ることがあります。お念仏です。お念仏は、いつでも、どこでも、誰でもできます。今何も出来ないなら、お念仏をおとなえしましょう。

3月11日当日は、被災地での一周忌法要に参列する方も、地元での一周忌法要に参加される方も、自坊や菩提寺においでの方もいらしゃるでしょう。それぞれの場所、立場で、亡くなった方々へのご回向のため、お念仏をおとなえください。

あらためて今後も折に触れ被災地へ想いを寄せ、支援を続けてまいりましょう。

神浄青第20期会長 當間伸行